住まい買い替えオウチーノ

住宅ローン 審査 職業


住宅ローンの審査では、勤務先の会社の規模や、業種についても安定職種か不安定職種か、危険職種かを審査します。


雇用形態については、給与のみなのか、歩合給なのかを審査し、勤めていたとしても源泉徴収票がない場合は、自営業者として審査されます。


勤続年数は、3年以上を原則としているようですが、同業種での転職をしている場合は、多少ゆる目に見られる事もあるようです。


反対に、自己都合退社の場合は厳しくなるようです。

住宅ローン 審査 年齢


住宅ローンの主な審査基準としては年齢があります。


住宅ローン申し込み時の年齢が20歳以上で、さらに定期的な収入があることです。


完済時の年齢は金融機関により異なりますが、80歳までとしているところが一般的です。

住宅ローン 事前審査と本審査の違い


本審査と事前審査(仮審査)との違いは、仮審査はローンをうける本人の審査が主体ですが、本審査は購入予定の住宅も含めた総合的な審査になるという点です。


また事前審査(仮審査)は金融機関が行いますが、本審査は保証会社が行います。


ですので、事前審査が通っても、本審査で通らないケースも少なからずあります。


そのため、事前審査で「おそらく大丈夫だろう」と言うレベルの人だけを事前審査で選別して、本審査に送ります。


基本的に、金融機関は保証会社の保証がないと住宅ローンを融資ができないので、保証会社の審査をスムースに通過させたいんですね。


そういう理由で、本審査をいきなり行わず、まずは自社の審査基準と照らし合わせて、事前審査を行っているのです。

住宅ローン 事前審査


住宅ローンの事前審査は、ほとんどの金融機関で導入しています。


住宅ローンの審査が通るどうかを不安に思う方のために、住宅ローンの申し込み前に無料で行われます。


事前審査は形式的な仮審査で、審査結果をすぐに返すことを目的としていますので、事前審査には収入や所得証明などは必要ありません。


本申込みの時には、年収を証明する必要があるので、収入証明書を提出しますが、事前審査では、収入証明書の提出は必要ありません。


事前審査が問題なければ、本申込みで事前審査と同様の内容で申込みを行い、証明書類をすべて提出して間違いがなければ、融資可能となります。


事前審査には手数料も必要ありませんので、複数の金融機関でローンの事前審査を行って、手数料や金利などを比較して、条件の良い所で借りる事が可能です。

住宅ローン 審査 基準


住宅ローンの主な審査基準は以下のようなものがあります。


・申し込み時の年齢が20歳上で、完済時年齢は80歳まで(金融機関によって異なる)。

・勤務先会社の規模等、業種なども安定職種か、不安定職種か、危険職種か。

・雇用形態は、給与のみか、歩合給制か。

・勤続年数は、原則として3年以上(同業種での転職は多少ゆるく見られる事もあり、自己都合退社の場合は厳しくなる)。

・年収は原則としては200万円以上(年収によって返済可能負担率が異なる)。

・頭金や諸費用に充てるための自己資金がどの程度あるか。

・他の借入状況(クレジット・消費者金融でのキャッシングや、自動車ローンなどを個人信用調査機関を通して審査される)。

・社会保険の加入状況(退職後の返済能力を審査、原則として社会保険(国民年金)へ加入している事)。

・健康状態(団体信用生命保険に加入できる事が貸し出し条件)。
住宅ローン」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。