住まい買い替えオウチーノ

住宅ローン金利


住宅ローン金利は、その時々の景気に大きな影響を受けてきました。たとえば、昭和61年頃の円高不況から平成景気に移行した時には、住宅金融公庫の基準金利は4.2%でした。その後、バブルによってさらに上昇しましたが、バブルがはじけるとジワジワと下降を続け、平成10年には2%まで下落し、これが底となっています。

都市銀行の住宅ローン金利の動きはもう少し激しく、昭和の時代では概ね公庫金利に比べて1%程度高い水準だったのが、平成に入るとその差が拡大し始めます。平成2年当時に、5.4%前後だった公庫融資の金利に対して、都市銀行の金利は最高8.5%という高水準となっています。平成5年になると、都市銀行の住宅ローン金利もようやく公庫と同水準にまで下がりました。

そして、現在の長期的な低金利は、平成7年から始まっています。つまり、もう10年以上も低金利時代が続いているということです。しかし、今までの金利の動向を冷静に見てみると、過去20年間における都市銀行の変動金利の平均は約4%です。しかも、3年間で3%も金利が上昇した時期がありました。今後の景気動向次第では、再び住宅ローン金利が4%台になる事は、十分にありうる事だと思います。

また、住宅ローン金利の推移は、ゼロ金利政策が解除されると上昇すると予想されます。しかし、最近は建築基準法が改正された関係で、新築の着工件数が激減していることから、住宅ローン金利が低くなっています。住宅ローン金利は、融資実行時点の金利が適用されるので、住宅ローンを選んだり借り換えたりするときには、今後の金利の推移を予想することが必要になります。

住宅ローン金利のタイプ


住宅ローンは、通常の生活ではありえない大きな金額を借りることになりますので、情報収集をしっかりとすることが必要です。住宅ローンの返済金利には3種類あって、変動金利型、全期間固定金利型、当初固定金利型があります。

まず、変動金利型の場合、市場金利の変動に連動して住宅ローン金利が6ヶ月ごとに見直されます。そのため、金利が低下すると有利に、上昇すると不利になります。金利が上昇すると予想される場合には、早めに長期固定金利型に借り換えるようにすると良いでしょう。

また、変動金利型を選んだ場合には、急激な金利上昇に注意する必要があります。変動金利型ローンの多くは、5年間の返済額が固定されていますので、急激な金利上昇期には、返済しても元本が全然減らないという事態も生じかねません。特に、現在の日本の金利は、ゼロ金利といわれるほど以上に低い状態ですが、過去の数字を見てみると、今後は金利が上昇する可能性の方が高いと考えられます。

次に、全期間固定金利型の場合は、ローンを完済するまで契約時の金利が固定されるので、低金利の時に全期間固定金利型で借りると支払い総額をかなり抑える事ができます。さらに、毎月の支払額が固定されるので、生活設計が長期間に渡って立てやすいという特徴があります。

最後の当初固定金利型は、住宅ローンの借り入れ開始から一定期間が固定金利になるものです。その一定期間が経過した後は、変動金利に移行するタイプと、固定金利と変動金利のどちらかを選択できるタイプがあります。変動金利型の金利が低いというメリットと、毎月の支払額が固定されるという全期間固定型のメリット、両方のメリットを享受できるので、この当初固定金利型を選択する人が多いようです。
住宅ローン」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。