住まい買い替えオウチーノ

住宅ローンの保証料


住宅ローンにはけっこな額の諸費用がかかります。そのうちのほとんどは保証料ですが、その保証内容を知っておく必要があります。何のために保証料を支払うのかというと、ローンを借りる人が「信用」を買うためです。金融機関は当然、信用がなければ多額の住宅ローンを貸したりはしません。

そこで保証会社の保証をつけることで、金融機関は貸し倒れリスクをゼロにするわけです。そうすることで信用が生まれ、借り手側は、住宅ローンが借りやすくなるわけです。

金融機関がお金を貸すときは、貸し倒れリスクを回避するために、基本的に担保や連帯保証人を必要としています。もちろん、信用保証会社は、住宅ローンを借りる人への保証を無料で行う訳ではありません。住宅ローンを借りる人の保証人になるための費用として保証料を徴収するのです。したがって、住宅ローンの保証料というのは、住宅ローンを借りる人の財産などを保証するためのものでなく、住宅ローンの連帯保証人になってもらうための費用という事になります。

住宅ローンを借りようとする人のなかには、保証料を払いたくないので連帯保証人を探してくると言う人がいますが、金融機関のほとんどは信用保証会社の保証を必須条件としています。信用保証会社の保証が必要ない金融機関もありますが、その分審査が厳しくなる傾向があり簡単にはいかないのが実情です。ま

た、どうしても保証料を支払いたくない場合は、ローン審査は厳しくなりますが、ソニー銀行・新生銀行など、保証料がかからない銀行があります。
住宅ローン」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。