住まい買い替えオウチーノ

住宅ローン審査 退職後の返済能力


退職後の住宅ローン返済能力については、社会保険の加入状況を審査します。


社会保険(国民年金)へ加入している事が原則です。


これは、住宅ローンの返済が退職後も続く事を前提にして融資の審査をするためです。


健康状態についても、団体信用生命保険への加入ができる事が貸し出し要件になるので、告知扱いの生命保険加入審査があります。



住宅ローン審査 年収・資産


住宅ローンの返済能力の査定のために、年収も審査されます。


原則としては年収200万円以上ですが、年収によって返済可能負担率が異なります。


資産状況については、自己資金がどの程度あって、頭金や諸費用に充てることができるかを審査します。


住宅ローン以外の借入状況は、クレジット・消費者金融でのキャッシングや、自動車ローンなどが、個人信用調査機関を通して審査されます。
住宅ローン」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。